Menu

会社設立

Home
司法書士秋武事務所/不動産登記、商業・法人登記、債務整理/兵庫県尼崎市

会社設立

会社を設立した場合

・「商号」・「本店所在地」・「目的」・「設立に際して出資される財産の価額又はその 最低」及び「発起人の氏名、住所」の決定。

・商号・目的・本店所在地の調査
※会社法施行により類似商号は廃止されたが、同一本店での同一商号、不正目的の同一 商号は禁止です。目的においては、具体性要件の審査はしないが、適法性、明確性、営利性は審査の対象となる。

・定款作成、公証人による認証

・出資の履行
※商法では払込を証する書面として、金融機関発行の「保管金証明」が必要でしたが、 会社法における発起設立では、通帳の写しと会社代表者作成の払込み金額を証する書面で良いです。 最低資本金制度がなくなったため、資本金1円から会社を設立可能になりました。

・会社登記申請
※申請日が「会社成立の日」となります。

機関設計

機関設計

・会社法では機関設計が柔軟になり、株式譲渡制限会社で あれば取締役1人と株主総会をおけば良いとされました。 もちろん取締役会(取締役は3人以上必要)や監査役を置 くことも可能ですし、会計参与を設置できます。

※会計参与とは、中小企業における計算書類の正確性、 信頼性の向上等を図ることを目的として創設された制度 で、取締役と共同して計算書類を作成し、株主総会にお いて計算書類を説明し、その保存や開示を行ないます。 定款で定めることにより設置できます。 会計参与は、公認会計士、監査法人、税理士、税理士法 人でなければなりません。

必要書類など

当事務所では、定款認証を電子認証手続によって行なっているため、定款認証の印紙代4万円が不要となります。ぜひ、経費節約のため、このシステムを御利用下さい。

▼必要書類
・発起人全員の印鑑証明書 各1通
・取締役全員の印鑑証明書 各1通
  (費用)
・定款認証(印紙(4万円)+公証人手数料(5万円)+謄本(枚数×250円×通数))
・司法書士報酬
・登録免許税(資本金の額×1000分の7(ただし、最低15万円))
・会社実印(登記申請日までに作っておかなければ申請できません。)
back to top(このページの先頭に戻ります)