Menu

設定

Home
司法書士秋武事務所/不動産登記、商業・法人登記、債務整理/兵庫県尼崎市

設定(担保に融資を受けた時)

不動産担保設定登記とは?

不動産担保設定登記

家を購入した際など、不動産を担保にして住宅ローン融資を受けた場合、抵当権の設定の登記をする必要がございます。抵当権の設定の登記を申請しなくても不動産を担保にすることはできます。しかし、抵当権の登記が申請されていない場合に後で融資をした債権者が抵当権の設定の登記をした場合にはその債権者が優先的な立場になります。

これにより、住宅ローン担保で融資を受けた場合には速やかに抵当権設定の登記をする必要があります。通常は決済の日に買主に物件の所有権が移動し、同日に融資が行われるということになり、その売買日に抵当権の設定登記を同時にする必要があります。

不動産を担保にしてお金を借りた場合

抵当権の設定登記

必要書類
抵当権設定契約証
登記済権利証又は登記識別情報
印鑑証明書
委任状

※貴方が知人や友人にお金を貸した時は必ず本人署名の金銭消費貸借証書(借用書)を貰いましょう。

不動産を担保に銀行と取引を始めた場合

根抵当権設定登記

必要書類
根抵当権設定契約証
登記済権利証又は登記識別情報
印鑑証明書
委任状

※貴方が知人や友人にお金を貸した時は必ず本人署名の金銭消費貸借証書(借用書)を貰いましょう。
back to top(このページの先頭に戻ります)